仮想通貨のNoah Coin/ノアコイン(NOAH)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のNoah Coin/ノアコイン(NOAH)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Noah Coin/ノアコイン(NOAH)とはフィリピンにおけるさまざまな社会問題を解決するためにつくられた仮想通貨となっています。

日本でも泉忠司氏が大きなプロモーションを行っていたので知っている、あるいは持っているという方も多いのではないでしょうか。

ノアコインが有名なのはプロモーションが行われていたということだけではなく、詐欺なのではないかと疑惑があるからです。

ノアコインはフィリピンにおける出稼ぎの送金問題を解決すること、またノアリゾートやノアシティ都市開発計画まで持ち上がっており当時プロモーションを見た方は非常に大きな可能性を感じたようです。

ノアコインの宣伝時には国がバックについているとか大手空港会社と提携しているなどといって購買意欲をあおっていました。

しかし駐日フィリピン大使館の公式ページに以下のような記事が掲載され状況は一変します。

更に提携している企業からも一切関係無いと突き放されてしまいノアコインの詐欺疑惑は深まるばかりでした。

その結果ICOの参加者に返金する事態にまで発展し詐欺のレッテルは確かなものになってしまいました。

ただその後もプロジェクトは進行し、取引所に上場されましたし価格が暴落したという点以外は詐欺的な要素は薄いように思います(あくまで個人的な感想)。

Noah Coin/ノアコイン(NOAH)の時価総額

NOAHの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング116位で1NOAHあたり0.25円となっていました。

詐欺だ詐欺だといわれてきましたが先日ついにCoinMarketCapに掲載され、しかもランキングもなかなか上位の116位でした。

個人的にはこれが一つの転機になるのではないかと思っています。

Noah Coin/ノアコイン(NOAH)のチャートと今後の将来性は?

NOAHの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Noah Coin/ノアコイン(NOAH)のリアルタイムチャート

詐欺なのではと疑われていましたが3月にHitBTCに上場を果たしており、その後も順調に中堅どころの取引所に上場しています。

ただチャートを見てもわかるようにどこまで落ちるのかというぐらい下落しています。

詐欺の疑いをかけられた上にマーケティングもうまくいかなかったんですね。

ただし時価総額を見てもわかるように今の値段でも100位台の前半にいるので、大手取引所に上場すればスゴイことになるかもしれません。

ロードマップを見る限りプロジェクトも進行しているようですし、実は今が買い時なのではないかと個人的には思っています。

0.1円ぐらいまで下落すれば購入しようかなと思う今日この頃でした。

Noah Coin/ノアコイン(NOAH)が購入できる取引所は?

ノアコインはHitBTCで最も取引されていますが、残念ながら現時点では日本人は利用することができません。

なのでYobit当たりを利用するのがわかりやすいのではないかと思います。

ただし所在地やセキュリティ面に不安があるのも事実なので購入したら個人のウォレットに移動させることをおすすめします。

Buy and sell Bitcoin Cash (BCC) on YoBit Exchange!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク