仮想通貨のRealTract(RET)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のRealTract(RET)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

RealTract(RET)とはブロックチェーン4.0をベースとしスマートコントラクト2.0を実装した次世代のプラットフォームを提供しています。

ものすごく簡単に説明するとイーサリアムをより使いやすいものに改良したプラットフォームということですね。

RealTractには以下のような特徴が備わっています。

  • Infinity Block Graphs (IBG)
  • Smartcontract 2.0
  • Cross Chain Communication
  • More than one consensus algorithms

Infinity Block Graphs (IBG)

ブロックチェーン4.0を自称するRealTractはInfinity Block GraphsというブロックチェーンとDAGと呼ばれる次世代の技術のいいとこどりをした構造をとっています。

詳しい説明はここでは割愛しますが、これによって手数料はほぼ0となりトランザクション処理スピードは200万TPSに達します。

Smartcontract 2.0

Smartcontract2.0はイーサリアムが実装しているSmartcontract1.0を改良したもので、簡単に説明すると「複数の条件の作成」「実行する時間の設定」ができるようになっています。

これによってより複雑な契約を履行することができるようになり、より高性能なアプリケーションを開発することができるようになります。

Cross Chain Communication

RealTractはマルチレイヤ―構造をとっており、レイヤー間の情報伝達にクロスチェーンを利用します。

これによってメインチェーンで扱う情報量の削減をすることができ、速い情報伝達を実現することができます。

More than one consensus algorithms

RealTractはProof of Truth (PoT), Proof of Stake (PoS), Proof of Result (PoR) という3つのコンセンサスアルゴリズムを実装しています。

これによりセキュリティレベルが強固になり、メインチェーンへの情報の追加が容易になります。

これらの技術を使うことによりRealTractは以下のようなケースで利用されることを想定しています。

  • 決済サービス
  • フィナンシャルサービス(レンディングなど)
  • Logistics(サプライチェーンの追跡など)
  • 行政や公的福祉への応用
  • ヘルスケア
  • 4回目の産業革命
  • IoT
  • クラウドソーシング(仕事探し)
  • ICO/IPO

個人的には非常に期待しているプロジェクトであり、将来が非常に楽しみでもあります。

RealTract(RET)の時価総額

RETの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング1567位で1RETあたり0.035円となっていました。

2018年の9月に公開されたばかりなのでまだ順位が定まっていません。

上限発行枚数は100,000,000,000RETでホワイトペーパーにはその1割に当たる10,000,000,000RETが出回ると書いてありました。

ロックされている分も多くメインネット公開時にはロック分をバーンすると書いてあったのでその際の値上がりも期待できるでしょう。

RealTract(RET)のチャートと今後の将来性は?

RETの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:RealTract(RET)のリアルタイムチャート

ホワイトペーパーにはICOで資金を集めたのはエンジェル投資家だけと書いてあり、残りはエアドロップなどで配布と記載されていました。

エアドロップは8月20日ごろに開催されており1人当たり10000RETが配布されていました。

今はもう終了していますが私も参加したのでトークンの配布が楽しみです。

上限発行枚数が非常に多いですが先ほども触れたようにメインネットを公開する際にはバーンを実施すると記載されているので楽しみですね。

まだ公開されたばかりで、ロードマップを見るとマルチレイヤーチェイン、クロスチェイン、スマートコントラクト2.0と段階的に公開されていき、メインネットの公開は2020年となっていました。

どのタイミングで高騰するかはわかりませんので逐一動向をチェックしていきたいと思います。

RealTract(RET)が購入できる取引所は?

現時点ではIDAXとMercatoxに上場していますが、取引はほぼIDAXで行われています。

どちらの取引所も仮想通貨が最初に上場する際の取引所として利用されることが多いのでまだ口座を持っていない方は作っておいても損はないでしょう。

購入したい方はIDAXから購入してみてください。

IDAX是专注于区块链资产交易的全球数字金融服务平台。平台汇聚全球优质区块链资产,为用户提供安全、便捷的区块链资产兑换服务,支持比特币、莱特币、以太坊等多种虚拟货币
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク