仮想通貨のAlphacat(ACAT)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のAlphacat(ACAT)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Alphacat(ACAT)とはAIとビッグデータを活用した仮想通貨投資プラットフォームを提供しています。

NEOのプラットフォームを利用して作られたトークンで、開発チームはウォールストリートの金融専門家とGoogleの人工知能プログラムの元チームメンバーで構成された優れたチームとなっています。

すでに予測ツールは実用段階に入っており公式サイトから誰でも利用できるようになっています。

Gain a Competitive Edge in the Digital Market World by Using AI and Big-Data Technologies

このツールは仮想通貨の専門家はもちろんですが初心者でも投資の利益を最大限にできるように設計されています。

投資に対応している通貨はBTC/ETH/EOS/NEOなどの主要通貨となっています。

実際の運用実績などが公開されていないためどのくらいの制度なのかはわかりませんが、データが増えてAIの制度が高まっていけばかなり信頼のできるシステムになるかもしれませんね。

Alphacat(ACAT)の時価総額

ACATの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング612位で1ACATあたり0.12円となっていました。

2018年の2月に公開されているのですが乱高下を繰り返しながら下落してきました。

最も高かった時は2円以上だったので10分の1以下になってしまっていますね。

Alphacat(ACAT)のチャートと今後の将来性は?

ACATの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Alphacat(ACAT)のリアルタイムチャート

ICO時の価格はわからなかったのですが公開するタイミングが悪く下落が続いています。

しかしチャートを見るとところどころ高騰している部分があり、これはおそらく新しい取引所へ上場したりプロジェクトの何かが発表されたりした時期と重なるのだと思います。

つい先日も取引高が増えて一気に2倍近くに高騰していました。

高騰する前は0.06円ぐらいだったのでもうしばらくは下落が続くと思います。

ですがプロジェクトの内容的には非常に期待できるものですし、チームもスペシャリストがそろっているので割と期待できるのではないかと思っています。

もう一度底を打ったら買い時かもしれませんね。

Alphacat(ACAT)が購入できる取引所は?

現時点ではHitBTCでほとんど取引されていますが残念ながら日本人では利用することができません。

Hotbitでも少量ながら取引があるので興味がある方はそちらから購入してみるといいでしょう。

Hotbtは中堅どころの取引所ですが今後の成長が期待できるところでもあるので、ぜひこの機会に口座を作ってみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク