仮想通貨のSwftCoin(SWFTC)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のSwftCoin(SWFTC)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

SwftCoin(SWFTC)とはアメリカ発の仮想通貨クロスチェーン交換用プラットフォームです。

より簡単に、より速く、より安全に、より安く仮想通貨を交換できるのが特徴です。

利用手数料はたった0.05%で手数料はSwftCoinで支払われます。

手数料が安いといわれている取引所のBinanceでさえ0.1%なのでその半分ということになりますね。

対応している交換は以下の通りです。

  • 法定通貨から法定通貨
  • 法定通貨から暗号通貨
  • 暗号通貨から法定通貨
  • 暗号通貨から暗号通貨

現時点で対応している仮想通貨は以下の34種類で、SNSなどで新規追加するコインについてリクエストできるようです。

Android対応のアプリケーションは以下からダウンロードできます。

SWFT Blockchain

SWFT Blockchain
開発元:GooCoin
posted withアプリーチ

iPhone版は公式サイトからダウンロードする必要があります。

One-Stop, Cross-Chain! Cryptocurrency Transfers made Simpler, Faster, and Safer.

公式サイトは珍しく日本語に対応していてとてもわかりやすいので興味のある方はご覧になってみてください。

SwftCoin(SWFTC)の時価総額

SWFTCの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング314位で1SWFTCあたり0.49円となっていました。

これから投資するにしてもちょうどいい価格となっており、1日の取引量もトップ100に入るほど多いのでこれから期待できると思います。

日本ではあまり注目されていないのか話題になりませんが、個人的には非常におもしろいと思っています。

SwftCoin(SWFTC)のチャートと今後の将来性は?

SWFTCの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:SwftCoin(SWFTC)のリアルタイムチャート

2018年の公開直後に高騰したのですが、タイミングが悪くその後は下落の一途をたどっています。

最も高い時は8円以上になっていましたが、現在は10分の1以下になっていますね。

個人的には投資するいいタイミングだと思っていますが・・・。

現時点で提携している通貨や取引所は以下のようになっています。

ロードマップを見ると若干ペースが遅れているようですが、これからどんどん増えていけばおのずと価値も上がっていくことになるでしょう。

これからが非常に楽しみです。

SwftCoin(SWFTC)が購入できる取引所は?

9割以上がOKExで取引されていました。

購入する場合はOKExで購入してもいいですし、アプリをダウンロードしてBTCなどから交換してもいいと思います。

アプリの方が手数料が安く済むのでそちらの方がいいかもしれませんね。

海外取引所であるOKExの口座開設方法をわかりやすくお伝えしています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク