仮想通貨のSyncFab(MFG)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のSyncFab(MFG)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

SyncFab(MFG)とはIoTおよびIIoTと連携して、サプライチェーンに沿ったプロセスを合理化する高品質のデータを購入者および製造業者に提供することを目的としています。

例えば日本の製造業で真っ先に思いつくのは自動車産業だと思いますが、大手と呼ばれる会社になるほど多くの下請け会社を利用しています。

部品ごとに異なる会社を利用するなんてことは当たり前で、部品の発注プロセスだけでもかなり面倒な作業を強いられます。

下請けを行っている中小企業は安定した納入先がある一方で仮にそこからの発注がストップすると経営に大きな打撃を与えてしまいます。

そのため中小企業の統合・廃業は後を絶ちません。

SyncFabは下請けを行っているような中小企業とバイヤーを直接結びつけるプラットフォームを提供し、新たな販路を切り開く可能性を提供してくれます。

これはバイヤーにとってもより安くいい部品を見つけるいい手段となります。

契約はすべてスマートコントラクトによって自動で履行されるため余計な手間も省かれます。

販売した部品はブロックチェーンによって追跡可能となっており、最終的に何のどの部分に使われているかもわかるようになっています。

データ偽造防止にも役立ちますし製造業界にとってはまさに革命的な技術ですね。

もちろん自動車産業だけでなく以下のような分野での導入が見込まれています。

公式サイトには以下のような表現もありましたしかなり期待されているのは間違いないでしょう。

サプライチェーン系のプロジェクトの中でも製造業に焦点をあてたものはあまりなかったのでこの先が楽しみですね。

SyncFab(MFG)の時価総額

MFGの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング967位で1MFGあたり0.42円となっていました。

地合いが悪いこともあり公開後から10分の1以下に価格を落としています。

それに伴いランキングも下がってしまいましたが伸びしろがあるとポジティブに考えましょう。

SyncFab(MFG)のチャートと今後の将来性は?

MFGの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:SyncFab(MFG)のリアルタイムチャート

2018年4月に公開されており、地合いが悪いこともあり右肩下がりになっています。

最も高値を付けた時には6円ぐらいになっていますが今は10分の1以下ですね。

ただ個人的には今は買い時だと思っています。

プロジェクト内容もしっかりしていますしコンセプトもかぶっている物があまりないので今後伸びてくる可能性が高いと思います。

開発も順調に進んでいるようですし今仕込んでおけばおいしい思いができるかもしれませんね。

SyncFab(MFG)が購入できる取引所は?

現時点ではほぼすべてがBitForexで取引されていました。

BitForexは中堅どころの取引所ですが今後の成長にも期待できるいい取引所です。

24時間取引高で長い間1位になっていたこともありますし、まだ口座を作っていないという方はこの機会に作ってみてはいかがでしょうか?

bitforex币夫网是比特币手机交易平台,提供比特币交易的BTC交易平台,比特币交易所,是最安全比特币交易平台,也是最专业的比特币中国交易平台。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク