仮想通貨のOmnitude(ECOM)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のOmnitude(ECOM)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Omnitude(ECOM)とはブロックチェーン技術を企業に導入し商業利用するためのミドルウェアを提供するプロジェクトとなっています。

ミドルウェアを簡単に説明するとOSとアプリケーションの間でシステムの制御やデータのやり取りなどを行うものを指します。

具体的にはサプライチェーン、eコマース、プロジェクト管理、プログラミング、開発と導入、Fintech、マーケティング、ブランディングなどの分野でブロックチェーンを導入し、より効率的な活動を行うことができるようになります。

例えばサプライチェーンでは複雑な物流業務を追跡、確認、発注し、旅のあらゆる段階のデータに整合性をもたらします。

eコマースの分野では各商品に専用のIDを付けることで偽造防止とブランド品の保護を行い、市場から詐欺を撲滅します。

その他の分野でもデータを安全に運用したり、仲介人を挟まない取引によって無駄な経費を削減したりすることができるようになっています。

企業はシステムをブロックチェーンにするよりも簡単にブロックチェーン技術を導入することができるため、今後導入が進んでいけば価値が上がる可能性は十分あるでしょう。

詳しい技術的なことが知りたい方は公式サイトをご覧になってみてください。

Omnitude is a middleware layer allowing eCommerce businesses to adopt blockchain quickly and efficiently, without needing to replace current systems.

Omnitude(ECOM)の時価総額

ECOMの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング682位で1ECOMあたり4.19円となっていました。

先日ビットコインをはじめとする主要通貨の暴落があり、それに巻き込まれる形でOmnitudeも暴落しました。

この2週間の間に2分の1程度まで価値が下がっており、それに伴ってランキングも下がっています。

Omnitude(ECOM)のチャートと今後の将来性は?

ECOMの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Omnitude(ECOM)のリアルタイムチャート

2018年8月に公開されてから大きく下落しています。

ICOの段階では1ECOM = 0.46USDで販売されていたのですがチャートでは0.1USDぐらいから始まっているのでかなり落ち込んでいるのがわかりますね。

最近は割と安定していましたが先日ついにICO価格の10分の1以下にまで落ち込んでしまいました。

これはビットコインなどの暴落に影響を受けたためだと思われます。

不安に思っている方も多いと思いますが、ロードマップを見るとプロジェクトは順調に進んでいるようですし、今はむしろ絶好の買い時だと思います。

今仕込んでおけば後々おいしい思いができるかもしれませんよ。

Omnitude(ECOM)が購入できる取引所は?

現時点ではほぼすべてがBitForexで取引されていました。

BitForexは中堅どころの取引所ですが今後の成長にも期待できるいい取引所です。

24時間取引高で長い間1位になっていたこともありますし、まだ口座を作っていないという方はこの機会に作ってみてはいかがでしょうか?

bitforex币夫网是比特币手机交易平台,提供比特币交易的BTC交易平台,比特币交易所,是最安全比特币交易平台,也是最专业的比特币中国交易平台。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク