仮想通貨のVouchForMe(IPL)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のVouchForMe(IPL)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

VouchForMe(IPL)とはブロックチェーンを利用した分散型の社会保障プラットフォームを提供しています。

以前はInsurePalという名称だったみたいですがいつの間にかリブランディングによって今の名称に変わったようです。

社会保障プラットフォームと説明しましたが、VouchForMe自体は保険などを提供しておらず、保険会社やユーザーがこのプラットフォームを利用することによって実際に補償を受ける時などの簡単にしてくれるプラットフォームとなっています。

保険には自動車保険や生命保険、住宅に関連した保険などいろいろな種類がありますが、VouchForMeではまず自動車保険のに関するDappsを開発し提供しようとしています。

例えば自動車保険では実際に事故を起こして治療を行い処理が済むまで1年以上かかってしまうものがあり、処理に関する作業やコストが膨大になってしまうケースも少なからずあります。

VouchForMeでは契約、証明、履行をすべて自動化することでコストを削減し、ユーザーにとっても利用しやすい保険環境を提供してくれます。

これらの情報はすべてブロックチェーン上に書き込まれるため改ざんが不可能であり、その契約内容を確実に保証してくれるものになっています。

プラットフォームはモバイルのDappsから利用できるようになってるため非常に使いやすいものになっています。

VouchForMe(IPL)の時価総額

IPLの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング664位で1IPLあたり1.37円となっていました。

2018年の1月に公開されており、タイミングが悪かったこともありこれまで時価総額は右肩下がりとなっています。

VouchForMe(IPL)のチャートと今後の将来性は?

IPLの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:VouchForMe(IPL)のリアルタイムチャート

チャートを見てもわかるように公開されてからは右肩下がりとなっています。

現在は最も高かった時の40分の1ぐらいの価格になってしまっています。

ですが少し前から取引高が増えてきており、大きく価格が動く兆しが見えてきています。

ロードマップを見るとかなり大雑把にしか書いておらず現在どこまで進んでいるのかわかりませんでした。

ただ2018年中にはプラットフォームが正式にローンチされるみたいなのでその時は価格上昇が期待できると思います。

興味のある方は今のうちに仕込んでみてはいかがでしょうか?

VouchForMe(IPL)が購入できる取引所は?

現時点では8割以上がLivecoinで取引されています。

ここはICO後のプロジェクトが初めに上場する取引所としてもたびたび利用されるので口座を作っておくと便利です。

興味のある方はこの機会に作ってみてください。

Livecoin Exchange is #1 Cryptocurrency provider – we provide intuitive, simple interface for beginners and an array of enhanced features for more experienced tr...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク