仮想通貨のTi-Value(TV)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のTi-Value(TV)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

公式サイトの情報が少なくホワイトペーパーもが中国語にしか対応しておらず正確な情報が得られていないため間違いがあれば指摘していただけると幸いです。

Ti-Value(TV)とはブロックチェーン技術を商業利用するためのプラットフォームを提供しています。

フェイスブックには以下のような説明がありました(グーグル翻訳)。

Ti-Blockchainを使用した信頼できるビジネスエコシステム

ブロックチェーン技術の魅力を説明する記事は多すぎますが、トランザクション、スマート契約、クレジットなどのすべてのシステムをいわゆる分散技術に置き換えることは実際には不可能です。この技術を補完的なサービスとすることは、既存のシステムに分散した機能やプロパティを徐々に追加することを意味します。

Ti-Blockchainは、既存のブロックチェーンの外部にある公開ブロックチェーンの生態系を開発することに焦点を当てるようなチェーンです。それは、金融セクターの問題を解決し、未使用のネットワークストレージを使用することを目指して、Ethereumとstorjの利点を組み合わせています。セキュリティ、ソースの追跡、情報共有のために、金融、教育、医療、その他多くの分野で使用されます。

金融における信頼できるビジネスエコシステム

Ti-Blockchainは投資家、企業、規制当局にとって信頼できるビジネスエコシステムを構築します。投資家は、Ti-Blockchainに掲載された貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー分析などの財務書類を確認することができます。企業はTi Blockchainを利用して、ホワイトペーパー、予算、コード開発のマイルストーン、コイン配布、ガバナンス構造、財務諸表などの文書を投稿し、関心のある投資家が検討することができます。 Ti-Blockchainの将来のバージョンでは、ドキュメントはコンプライアンスのためのスマートコントラクトプログラムによってチェックされ、レビューされます。

Tiブロックチェーンは資産担保証券化(ABS)もサポートしています。資産担保証券(ABS)は、不動産およびモーゲージ担保証券以外の資産に対する貸付、リースまたは債権に裏打ちされた財務セキュリティです。投資家にとって、資産担保証券は企業債務への投資の代替手段です。金融革新として、ABSは近年国内外で急速な発展を遂げており、一部の国では非常に一般的です。

現在、米国住宅ローンの半分以上、自動車ローンの4分の3以上が資産証券の発行によって提供されています。 ABSの最大の利点は、資金調達の限界を減らすだけでなく、発行体の視点から資産の流動性を提供することです。投資家にとっては、投資制限を破り、リスクを減らし、利益を上げることができます。

ABSを支援する際、Ti-Blockchainは発行されたすべての証券がオープンかつ透明であることを保証する。標準信用格付けと公開信用格付けは、発行体と投資家の双方が資産証券化の信用リスクを特定するのに役立ちます。一方、インターネットプラットフォームと製品の信用リスクを象徴することにより、投資家が投資を決定するのに役立つだけでなく、規制当局が資産証券化の信用リスクを監視するのにも役立ちます。

Ti-Blockchainの教育とヘルスケアにおけるインテリジェントなストレージ

Ti-Blockchainは、投資家を保護するために不変の文書を連鎖ストレージで提供するだけでなく、消費者やビジネスユーザーにも分散されたストレージスペースを提供することができます。

個々の消費者にとって、Ti-Blockchainはデジタルセーフとして使用でき、消費者はブロックチェーン上で暗号化された文書をアップロードすることができます。文書をブロックチェーンにアップロードした人を除いて、誰もその文書を解読することはできません。技術的には、公開鍵と秘密鍵のペアを活用するのは簡単です。ユーザーは、公開鍵を使用して文書を暗号化します。公開鍵/秘密鍵のペアの非対称性により、秘密鍵を保持している人だけがその文書を復号することができます。したがって、Ti-Blockchainを含む他の誰も文書を解読することはできません。

ビジネスユーザーにとって、Ti-Blockchainは、ユーザーが単一のドキュメントで共同作業するための共同作業スペースとして使用できます。アクセス制御スマートコントラクトは、実際の特権を持つユーザーのみがドキュメントを参照できるように展開できます。

教育

生徒の情報とプロフィールの保存と管理は、長い間疲れていました。情報やプロフィールはいつでも更新する必要があり、留学や新就職、新しい学校への転勤など様々な機会に必要です。

すべての関連情報とファイルをTi-Blockchainに保存することで、全体像をはっきりと簡単にすることができます。学生の成績や証明書などの重要な情報の操作を防ぐだけでなく、情報の更新にアクセスできるユーザーと、検証の確認が必要なユーザーに便利です。

ヘルスケア

経済の発展に伴い、人々は自分の健康にもっと注意を払っています。しかし、健康情報産業の急速な発展には、多くのプライバシーを伴うことが多いため、健康情報セキュリティには大きな懸念があります。一方、医療の不足は、病院と保健機関の間で患者の情報を共有することを必要とし、不必要かつ繰り返しのチェックを省きます。

Ti-Blockchainは、このような健康情報を安全に保管し、健康状態と病歴をブロックチェーンに記録し、許可された病院や機関が患者のより良い治療のために安全に情報を共有できるようにするために使用できます。

また、このような情報は、保険会社や企業などの関連企業にとっても、償還のためのすべての資料を収集する手間から患者を救うために使用することができます。ジム、老人ホームなどの他の業界でも、これらの情報を活用して、フィット感を維持するためのより正確で適切なアドバイスを提供できます。

上記の側面以外にも、Ti-Blockchainは製品ソースのトレースとソーシャルネットワーク(Ti-BlockchainのトークンであるTVベース)に取り組んでいます。

Blockchainは解決すべきすべての問題の鍵ではありませんが、確かに、Ti-Blockchainはより良い方法で答えを見つけるのに役立ちます。

またツイッターの箇条書きの説明の部分には以下のような文言がありました。

Based on Ti-blockchain TV combines the advantages of Ethereum and storj and will be used in finance, education, health care and many other fields.

つまりはイーサリアムのようにDappsを開発して商業利用可能にし、storjのように分散型のクラウドストレージを使うことで容量の問題も解決しているという感じですね。

ん?なんか少し前に同じようなコンセプトの仮想通貨を見たぞ?

仮想通貨のGenaro Network(GNX)とはどういうものなのか特徴をわかりやすくまとめています。

Ti-Value(TV)の時価総額

TVの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング1613位で1TVあたり6.70円となっていました。

公開されたばかりでまだ流通量がはっきりしていない感じですね。

上限発行枚数は210,000,000TVとなっており、ビットコインの10倍の発行量だと考えるとどのくらいまで価値が上がるのか計算しやすいと思います。

Ti-Value(TV)のチャートと今後の将来性は?

TVの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Ti-Value(TV)のリアルタイムチャート

2018年の9月に公開されたばかりの新しい仮想通貨になります。

ただ情報が見つかりにくくホワイトペーパーに至っては中国語しかないので全容がはっきりつかめません。

多分Dappsプラットフォームだと思うのですがどうなんですかね?

正直なところこんなものが生き残っていけるはずがないと思っているのですが皆さんはどう思いますでしょうか?

詳しい方がいたらホント教えたもらいたいです。

気になる方は動向をチェックしてみてはいかがでしょうか?

Ti-Value(TV)が購入できる取引所は?

現時点では7割以上がOEXという取引所で取引されていました。

OEXはシンガポールに本拠地がある中国系の取引所で、中堅どころになりますね。

今のうちに仕込んでおけばキャピタルゲインにも期待できる可能性があるので、興味のある方は口座を開設して取引してみてください。

OEX
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク