仮想通貨のPLATINCOIN(PLC)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のPLATINCOIN(PLC)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

PLATINCOIN(PLC)とはドバイ発のライトコインをベースにした日常で手軽に利用することができる決済のための通貨を提供するプロジェクトとなっています。

日常的な買い物から飛行機に乗る際の航空保険まで、特に世界中のユーザーが銀行口座を所有できない人々に使われることを想定しています。

利便性を向上させるためにデビットカードやATMなどの総合的な決済機能も追加されており、非常に使いやすいものになっているとのこと。

POW + MINTINGによるハイブリッドチェインで誰でも簡単にマイニング(正確にはミンティング)に参加できるようになっており、年に10%の利益が得られる設計となっています。

すでにウォレットはリリースされており、アプリ版もAndroidのみ利用できるようになっています。

Platincoin Wallet - PLC Group AG

Platincoin Wallet – PLC Group AG
開発元:PLC Group
posted withアプリーチ

私もインストールしてみましたがまだウォレット機能以上のものはありませんでしたね。

これとは別にメッセンジャーアプリの開発も行われており、こちらは2つのバージョンがリリースされていました。

Elvn

Elvn
開発元:ALMA UG
posted withアプリーチ

PLATINCOINには100を超える国で20万人以上のコミュニティメンバーがいるとの報告もあり、マーケティングにもしっかりと力を入れているようです。

今後ビットコインに変わる決済ツールとして普及するのか楽しみですね。

PLATINCOIN(PLC)の時価総額

PLCの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング1716位で1PLCあたり506円となっていました。

先日公開されたばかりで順位が定まっていませんが、発行上限枚数が600,001,073PLCと多い割には単価が高くなっていますね。

仮に2割の1億枚が出回っていたとすると時価総額は500億円以上ということになり、ランキングでも25位前後ということになります。

あり得ない話ではないだけに今投資するのはちょっと危険そうですね。

PLATINCOIN(PLC)のチャートと今後の将来性は?

PLCの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:PLATINCOIN(PLC)のリアルタイムチャート

2018年10月に公開されてから右肩下がりのように見えますが振れ幅はそこまで大きくないように思います。

まだ2週間程度しかたっていないのでこれからの動きに注目ですね。

ドバイ発なのでいかにも富裕層が手を出してそうなプロジェクトではありますね。

公式サイトにトークンの配分が記載されていないのでどうなっているのかわかりませんでした。

取りあえず今は様子を見た方がいいような気もします。

PLATINCOIN(PLC)が購入できる取引所は?

現時点ではExratesとBitForexで同じぐらい取引されていました。

どちらも成長著しい取引所なのでまだ口座を持っていない方はこの機会に作っておくといいでしょう。

Exrates is a comprehensive financial platform for the majority of leading cryptocurrencies, such as Bitcoin, Ethereum, Litecoin, Dash, Zcash. Cryptocurrency tra...
BitForex is the most active cryptocurrency exchange, featuring the fastest token listings, lowest fees, and easiest way to buy Bitcoin, Litecoin, ETH, Ripple, T...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク