仮想通貨のXcelToken(XCEL)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のXcelToken(XCEL)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

XcelToken(XCEL)とは旅行者とサービス提供者に効率的な収益プラットフォームを提供するプロジェクトとなっています。

簡単にいうと旅行者はもっと安く、提供者はもっと利益が得られるサービスという感じですね。

XcelTokenはXCELTRIPというプラットフォームで利用されるユーティリティトークンとなっています。

XCELTRIPは旅行のためのあらゆるサービスを提供しているプラットフォームで、これを利用するとホテルの予約から航空チケット、レストラン、スパ、車レンタルなど旅行に必要なあらゆるサービスを安く利用することができるようになっています。

プラットフォームではトークンであるXCELでの支払いが可能となっており、トークンで支払うと割引が受けられます。

プラットフォームはすでに完成しておりアプリもリリースされています。

XcelTrip

XcelTrip
開発元:Xceltrip LLC
無料
posted withアプリーチ

今後利用できるホテルの数や航空会社が増えていけば価値は上がっていきそうですね。

個人的には楽しみなプロジェクトの一つです。

XcelToken(XCEL)の時価総額

XCELの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング757位で1XCELあたり3.53円となっていました。

先日から謎の高騰を見せており、価格は2倍以上になりそれに伴ってランキングも急上昇しています。

SNSなどを見ても原因はよくわかりませんでした。

XcelToken(XCEL)のチャートと今後の将来性は?

XCELの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:XcelToken(XCEL)のリアルタイムチャート

2018年8月に公開されてから緩やかに下落していましたが、先日から取引高が増えておりそれに伴って高騰しています。

理由はよくわかりませんでしたが、今回の高騰はツイッターでも報告されており運営陣も喜んでいるのがわかりますね。

先日エアドロップが開催されていたためかツイッターのフォロワー数も2万人ちょっといますし、認知度としてはまあまあなのではないでしょうか。

トラベル系の仮想通貨はまだ頭角を現している物がないので、これからの成長にも期待できますね。

ロードマップを見ると2018年中にPOSシステムを使った決済サービスが導入されることになっておりユーザーの利便性が向上します。

2019年にはフライトサービスや乗り物レンタルサービスがスタートしエコシステムが強化される予定です。

これらを見てもかなり期待できるのですが、公式サイトに提携している企業が掲載されていないのがちょっと気になりますね。

まあでも伸びしろも十分あって将来性もあるいいプロジェクトだと思いますよ。

XcelToken(XCEL)が購入できる取引所は?

現時点では9割以上がLivecoinで取引されています。

LivecoinはICOを行ったプロジェクトが最初に上場する取引所としてもよく利用されているので、ICOに参加したことがある方は口座を作っておいた方がいいでしょう。

興味のある方は安いうちに仕込んでみてはいかがでしょうか?

Livecoin Exchange is #1 Cryptocurrency provider – we provide intuitive, simple interface for beginners and an array of enhanced features for more experienced tr...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク