仮想通貨のZen Protocol(ZP)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のZen Protocol(ZP)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Zen Protocol(ZP)とは資産を安全に管理するための金融プラットフォームを提供しています。

フィンテックアプリケーションの作成も行うことができ、Zen Protocol上のアプリケーションはこれまで以上に拡張できるとのこと。

具体的にはフォーマル検証などの高度なセキュリティ技術は洗練されたツールで自然に作られており、ガスの必要性を考慮する必要がないためVMを必要とせず、スマートコントラクトをコンパイルして並列処理することができ、エンドユーザのコストを削減できます。

公式サイトにはユーズケースとして以下のような事柄が挙げられていました。

Digital Property

暗号化されて保護され、ピアツーピアネットワークを介してグローバルマーケットにアクセス可能なデジタル資産を作成します。トークン化をサポートしています。共有鍵か暗号鍵かどうかにかかわらず、簡単です。

COLLATERALIZE ASSETS

目に見える担保で契約を作成します。担保付資産は、仲介者のない信頼できないデジタル契約を可能にする。

Custom Derivatives

Zenは、中小俳優が派生物を作り出す能力を発揮します。Zenでは、実際の製品や外部データに依存する独自のデリバティブを簡単に作成できます。ユーザーは、基礎となるロジックを表示して信頼を作成できます。

資産のトークン化ができるのも大きな特徴の一つですね。

このプロジェクトに需要があるかは微妙なところですが今後はこうしたプラットフォームが主流になっていくと考えられます。

Zen Protocol(ZP)の時価総額

ZPの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング423位で1ZPあたり24.76円となっていました。

地合いが悪いこともあって公開されてからは右肩下がりの傾向にあります。

ただ下がり幅はそこまで大きくありませんし最近は取引量も安定しているので仕込むにはいいころ合いかもしれませんね。

Zen Protocol(ZP)のチャートと今後の将来性は?

ZPの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Zen Protocol(ZP)のリアルタイムチャート

2018年の8月に公開されてから直後は100円以上を記録していましたが、その後は地合いが悪いこともあり下落しています。

最も高かった時から考えると4分の1程度になってしまっていますが他の通貨と比べると下げ幅は少ないと思います。

ホルダーによる買い座さえができているのかもしれませんが、それにしてはSNSのフォロワー数が少なかったですね。

今後はマーケティングに力をいれる必要がありそうです。

Zen Protocol(ZP)が購入できる取引所は?

現時点ではBilaxyで全てが取引されています。

Bilaxyは他では取り扱っていない珍しい通貨を取り扱っていたりするので口座を作っておくと便利だと思います。

まだ口座を持っていない方はこの機会にぜひ作ってみてください。

Bilaxy
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク