仮想通貨のDIPNET(DPN)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のDIPNET(DPN)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

自分もすべてを理解できたわけではないので間違いがあった場合は指摘してもらえると助かります。

DIPNET(DPN)とは製造業モデルの全体的な再構築を行うことを目的とした工業用ブロックチェーンとなっています。

簡単に言うと物づくりの構造を変革するということですね。

インターネットが普及するにつれて電子商取引の様相も移り変わっており、かつては物が販売できれば良かったですが、次第に消費者は質を求めるようになり、更に質が上がると今度は大衆に向けた製品を作る必要が出てきました。

そして現在は個人のニーズを満たしたモノづくりをしないと売れなくなってしまいました。

DIPNETでは設計者、開発者、エンドユーザー、および産業生産者は、すべて同じノードアイデンティティとしてネットワークに接続されており、情報はリアルタイムで交換され、常に世間のニーズを満たすためのシステムが構築されています。

また従来の生産モデルには多くの人が関わっており行動に移すまでに柔軟性が欠けている部分がありましたが、DIPNETではワンクリックでいろいろな工程をカスタマイズすることができるようになっており、非常に素早い製造を実現しています。

DIPNETにはDPOS + DAGの2重コンセンサスアルゴリズムが採用されており、速い情報伝達と高いセキュリティレベルを実現しています。

公式サイトによると個別化された消費者の断片化されたニーズを満たすデジタル工場を支援し、デジタル共有工場、分散型電子商取引プラットフォーム、映画業界のシーンのカスタマイズ、およびバリューライフサイクル管理(VLM)の4つのアプリケーションシナリオを実現することにコミットしたようです。

私もいまいち理解できていないのですが興味のある方は公式サイトからホワイトペーパーでも読んでみて下さい。

DIPNET(DPN)の時価総額

DPNの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング1724位で1DPNあたり0.30円となっていました。

上場したばかりなのでなんと言えませんが、SNSなどを見る限りはまともに活動しているようです。

発行上限枚数が10,000,000,000DPNと比較的多いですが、時価総額的にはまだまだ伸びしろはあると思います。

DIPNET(DPN)のチャートと今後の将来性は?

DPNの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:DIPNET(DPN)のリアルタイムチャート

2018年の7月に公開されたばかりで何とも言えませんが、それなりに取引量はあるようです。

地合いが悪いので右肩下がりになっていますがまあこれは仕方ないですね。

ツイッターを見るとフォロワー数が100人ちょっとしかいなかったのでマーケティングに課題が残っているようです。

コンセプトは珍しいのでまともなプロジェクトならもしかしたらここから成長するかもしれませんね。

まあ自分はちょっとリスクが高すぎて投資するのは嫌ですが。

取りあえず時価総額ランキングが確定するまでは様子を見た方がいいと思いますよ。

DIPNET(DPN)が購入できる取引所は?

現時点では9割以上がIDAXで取引されています。

IDAXは中堅の取引所ですが今後の成長が期待できる取引所なのでまだ口座を持っていないなら作っておいても損はないと思います。

FCoinでも少量ながら取引があるのでそちらの口座を持っている方は取り合えずそっちで様子を見てもいいかもしれませんね。

IDAX是专注于区块链资产交易的全球数字金融服务平台。平台汇聚全球优质区块链资产,为用户提供安全、便捷的区块链资产兑换服务,支持比特币、莱特币、以太坊等多种虚拟货币
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク