仮想通貨のMachine Xchange Coin(MXC)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のMachine Xchange Coin(MXC)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Machine Xchange Coin(MXC)とはブロックチェーンを利用したグローバルなIoTのためのプラットフォームを提供しているプロジェクトになっています。

MXC IoTソリューションは、大気質、水質、通勤者など、あらゆるデータを測定する、幅広い必須データサービスを提供します。

環境データをIoTで活用して生活水準をあげようとしているようですね。

スマートシティの構想もできているようで、全てがインターネットにつながり全ての人がデータの恩恵を受けられるようにしたいようです。

LPWANという独自の通信規格も開発しており、データがどれだけ多くなっても通信過多にならないようになっているようです。

ユーザーはデータを提供することによって報酬としてトークンを受け取ることができます。

多くの大手スポンサーとも提携しており、わかりやすいところで言うとHuobiやQuarkChainなども入っていました。

他のIoT関連のプロジェクトと比較した表があったので載せておきますね。

非常に有望なプロジェクトのようなのですが、なぜか公式サイトの右側にでかでかと画像が張っており、しかもそれがスクロールしてもついてくるのでサイトの3分の1ぐらいは見えなくなっていました。

非常にもったいないことをしていますね。

正直あれだけで個人的な印象はかなり悪くなっています。

まあまだ公開されたばかりなのでこれからの活躍に期待しましょう。

Machine Xchange Coin(MXC)の時価総額

MXCの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング1749位で1MXCあたり0.83円となっていました。

上限発行枚数を考えても伸びしろは十分あると思いますよ。

IoT関連のプロジェクトはなかなか実用化までこぎつけられないので頑張ってもらいたいところですね。

Machine Xchange Coin(MXC)のチャートと今後の将来性は?

MXCの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Machine Xchange Coin(MXC)のリアルタイムチャート

2018年の12月に公開されたばかりなのでまだ何とも言えませんね。

取りあえず主要コインは大暴落が起こってるのでそれに巻き込まれないかが心配ですが、これを見る限りは大丈夫そうです。

IoT関連のプロジェクトとしては環境などにも手を出そうとしているので差別化はできていると思います。

ロードマップがなかったので開発状況については何とも言えませんが、長期的な目線で見ていく必要はあるでしょう。

IoTに興味のある方は動向をチェックしてみてください。

Machine Xchange Coin(MXC)が購入できる取引所は?

現時点ではHuobiで大半が取引されていますが、残念ながら日本人では利用することができません。

Gate.ioでも取引が行われていたので購入したいと思っている方はそちらを利用するといいでしょう。

Gate.io is one of the global top 10 cryptocurrency exchanges with authentic trading volume. We provide safe and transparent transactions. Buy, sell or trade of ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク