仮想通貨のMoneytoken(IMT)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のMoneytoken(IMT)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Moneytoken(IMT)とは仮想通貨を担保にして法定通貨の融資を受けられる貸付(ローン)プラットフォームを提供しています。

仮想通貨を担保に法定通貨を借りられるという点、更にP2Pで貸し手と借り手が直接つながれる点が画期的であると評価されています。

MoneyTokenが注目を集めている最大の要因はアドバイザーの豪華さにあります。

ロジャー・バーをはじめ仮想通貨に詳しい人ならだれでも知っている業界の大物ばかりが集まっているわけです。

プラットフォームにはアマンダというAIが搭載されており、効率的なマッチングやサービスの提供を行ってくれるようになっています。

手間のかかる審査などもなく、従来のサービスよりも安い手数料で借り受けすることができます。

手順も簡単で借り手は担保となる通貨の枚数と融資を受けたい法定通貨の金額をプラットフォームに提出します。

ブロックチェーンに記載されている情報からその金額が妥当だと判断されたら貸し手とのマッチングが行われ融資を受け、毎月返済していくことになります。

返済が完了すると担保としていた仮想通貨を同じ枚数変換してもらえるので、上げ下げに一喜一憂する必要もなくなります。

従来のサービスのようにカードの発行も計画しており、規制にも順守したきちんとしたプロジェクトであるため今後の成長にも期待できます。

ちなみに2018年の8月30日からは仮想通貨担保型の無利子ローンを提供開始しておりこちらにも大きな期待が寄せられています。

Moneytoken(IMT)の時価総額

IMTの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング349位で1IMTあたり0.11円となっていました。

非常に期待されてるプロジェクトですが公開されたのが地合いが悪い時だったためICO割れを起こしています。

まあでもこれは仕方のないことなのでここからの上げに期待ですね。

Moneytoken(IMT)のチャートと今後の将来性は?

IMTの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Moneytoken(IMT)のリアルタイムチャート

ICOの段階では1IMT=0,005USDでの販売でした。

残念ながら現在は5分の1程度になっていますが将来的には10倍の価格、つまり0.05USDまで引き上げる計画のようです。

個人的には非常に現実的な数字だと思います。

以前エアドロップで一人当たり約1000IMTが配布されていたので、日本円だと5000円ちょっとぐらいになる予定ですね。

もうちょっと上がってもらいたいところですけどまあそこは長い目で見ていきましょう。

ロードマップを見ると2018年中にカードの追加、2019年以降にアプリのリリースなどとなっています。

これからの成長が楽しみですね。

Moneytoken(IMT)が購入できる取引所は?

現時点ではBitForexでの取引が大半を占めていました。

5つの取引所に同時に上場したことで話題になりましたが、現在はここが主流のようです。

大手に上場した際にはキャピタルゲインにも期待できると思いますので興味のある方は今のうちに仕込んでみてはいかがでしょうか?

bitforex币夫网是比特币手机交易平台,提供比特币交易的BTC交易平台,比特币交易所,是最安全比特币交易平台,也是最专业的比特币中国交易平台。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク