仮想通貨のPhantasma(SOUL)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のBytecent(BYC)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Phantasma(SOUL)とはブロックチェーンを利用したコンテンツ配信のためのプラットフォームを提供しています。

Phantasmaは公式サイトで第3者が管理するファイル共有プラットフォームはフリーで使えるが、その裏ではユーザー自身の情報が盗まれていることを指摘しています。

つまりは個人情報がダダ漏れになっており、それを商品として売り買いされているというのが現状なんですね。

こうした状況を改善するため、Phantasmaはブロックチェーンを使ってP2Pで直接コンテンツが配信できるプラットフォームを提供し、個人情報をだれにも渡すことなく自身で管理することができる未来を作ろうとしているわけです。

コンテンツ配信というのは主には以下のようなことを指しています。

  • メールでのやり取り
  • ファイル共有
  • チャットでのやり取り  など

Phantasmaが提供しているDappsでは既存のプラットフォームと互換性があるため問題なくやり取りすることができます。

例えばPhantasmaのメールアプリとGmailなどを使っても問題なくやり取りができるというわけですね。

ICOの段階からそれなりに注目を集めていたらしく、今後の成長に期待したいですね。

Phantasma(SOUL)の時価総額

SOULの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング504位で1SOULあたり8.51円となっていました。

ICOの段階では1SOUL=0.23USDで販売されていたのですが現在は見事にICO割れを起こしていますね。

まあタイミングが悪かったということもあるのですが、この1週間の間に一気に2倍以上に高騰しておりランキングも急上昇しています。

Phantasma(SOUL)のチャートと今後の将来性は?

SOULの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Phantasma(SOUL)のリアルタイムチャート

先ほども触れたようにICO時は1SOUL=0.23USDだったようで、チャートを見ると0.72USDまで上昇しているので公開直後はかなり高騰したことがわかりますね。

ですがその後は下落の一途をたどっておりしばらく低迷していました。

しかし先日から反転しており徐々に価格が上がってきています。

転換日を調べてみるとSNSでマスターノードになるためには50,000SOUL必要との発表があったので今のうちに購入しようと思った投資家が集中したのかもしれませんね。

とはいえ現在でもまだICO割れを起こしているので今後の成長に期待したいですね。

個人的には200位台ぐらいまでは簡単に登ってくるのではないかと思っています。

Phantasma(SOUL)が購入できる取引所は?

現時点ではGate.ioとKucoinとHotbitでの取引量が多かったです。

日本人ではKucoinを利用できないのでGate.ioかHotbitを利用するといいでしょう。

どちらも中堅の取引所ですが今後の成長が期待できる取引所なので口座を持っていない方は作っておくといいと思いますよ。

Gate.io is a bitcoin exchange platform which supports BTC, LTC, Ethereum, Qtum and more blockchain assets trading.
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク