仮想通貨のSantiment Network Token(SAN)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のSantiment Network Token(SAN)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Santiment Network Token(SAN)とは仮想通貨市場に特化したデータベースを構築することを目的とした仮想通貨となっています。

金融業界には様々な情報発信プラットフォームがあり、その中でもブルームバーグ、ロイターなどが株式市場の情報、評価、チャートなどを提供していて圧倒的な信頼を得ています。

Santiment Network Tokenは仮想通貨市場でその役割を担おうとしており、仮想通貨投資を行う人のためにデータを提供してくれます。

Santiment Network Tokenでは機械と人によって情報収集が行われていきます。

機械によるデータ収集は仮想通貨の価格変動やプロジェクト進行状況など客観的に得られる基本的なデータとなっています。

人によって得られる情報は仮想通貨のリサーチ情報やトレンドなど仮想通貨の知識がある人間が分析したデータが主になっています。

この情報は個人でも発信することができるようになっており、承認されると報酬としてトークンがもらえます。

個人で得られる情報よりも圧倒的に質の高い情報が提供されるため、投資を行う際の指標となる可能性は十分あるでしょう。

Santiment Network Token(SAN)の時価総額

SANの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング126位で1SANあたり133円となっていました。

ここ最近は200位前後をうろうろしていたようですが、ここ数日で急上昇したようです。

これは仮想通貨の地合いがよくなってきたことも関係しているのでしょう。

Santiment Network Token(SAN)のチャートと今後の将来性は?

SANの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Santiment Network Token(SAN)のリアルタイムチャート

2017年の7月に公開されて20円前後で取引されていましたが、2018年の仮想通貨全体の高騰時には800円以上になっています。

単純計算で40倍以上になっていますが、その後すぐに下落して100円前後で落ち着きました。

最近は少し上がっていますが仮想通貨全体が上がっているのでその影響でしょう。

Santiment Network Tokenの価値が見いだされるのはもう少し仮想通貨市場が成熟してからのような気がします。

とはいえ有望なプロジェクトであることは間違いないですし、将来的に主流になる可能性は十分あるため今のうちに仕込んでおくのはありかも知れませんね。

Santiment Network Token(SAN)が購入できる取引所は?

LATOKENやBitforexでの取引量が多かったです。

大手にはまだOKExぐらいしか上場していないので大手上場による価格高騰も期待できますね。

興味のある方は今のうちに仕込んでおくといいでしょう。

LATOKEN is a cutting edge exchange which makes investing and payments easy and safe worldwide. We are bringing trading and banking to a new generation of blockc...
BitForex exchange is the world's leading digital currency trading platform, providing Bitcoin trading, Litecoin trading, Ethereum trading service,BitForex provi...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク