仮想通貨のTether/テザー(USDT)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のTether/テザー(USDT)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Tether/テザー(USDT)とはUSDと価値を連動させて資産を安全にデジタルにすることを目的に作られた仮想通貨です。

他の通貨と価値を連動させる通貨をペグ通貨と呼ぶのですが、Tetherは米ドル(USD)と価値を連動させるため記号もUSDTとなっています。

価値が変動しないステーブルコインと呼ばれることもあるのですが、実際には微妙に変化するため厳密に言うとステーブルコインではありません。

法定通貨をネットワーク上で利用する場合は既存の金融機関のシステムを利用する必要があり、利用する側は手数料が高いなどのデメリットがありました。

一方でビットコインなどの仮想通貨は誰でも気軽に決済に使えて手数料も安いというメリットがありますが、価値が安定せず使いにくいというデメリットがありました。

Tetherはこれらのデメリットを解消すべく開発された仮想通貨で、ブロックチェーンで安全に資産を守れるだけでなく手軽に使えて手数料も安い、その上USDによって価値が裏付けられているというメリットがあります。

Tetherの発行はTether Limitedという会社によって管理されており、以下のような法則で価値を安定させています。

  • Tether Limitedに法定通貨を入金 → 同額のTetherを発行
  • Tether LimitedにTetherを入金 → 同額の法定通貨を支払い入金されたTetherは処分

これにより常にTether Limitedにある法定通貨と発行されているTetherの量を一緒にすることで価値を安定させています。

しかしながらTetherが登場した当初は本当にTether Limitedは発行しているTetherと同額の法定通貨を持っているのかと疑惑が持ち上がりました。

これがいわゆる「テザー疑惑」ですね。

もしTether Limitedが法定通貨を所持しておらずTetherを発行しているならその性質から市場が崩壊する可能性すらあったからです。

この疑惑を解消するためTether Limitedは公式サイトに常にどれくらいの法定通貨が入金されているのかを表示するようになりました。

気になるかたは公式サイトからアカウントを作ってみるといいのではないでしょうか。

Stable digital cash on the Blockchain

Tether/テザー(USDT)の時価総額

USDTの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング14位で1USDTあたり109円となっていました。

もちろんこれはこの時の米ドルと同じ価値となっています。

最初のうちはユーザー数も少なくランキングも大したことなかったのですが、仮想通貨が大きく認知されるようになった2017年以降に需要が拡大し現在の順位まで上がってきました。

Tetherは価値が変動しないため投資目的で利用することは不可能ですが、今の仮想通貨の認知度を考えるとまだまだ順位は上がりそうですね。

Tether/テザー(USDT)のチャートと今後の将来性は?

USDTの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Tether/テザー(USDT)のリアルタイムチャート

利用者が激増した時に若干価値が変動した時期はありますが、ほぼほぼ一直線で1USDT=1USDを保っていますね。

今では疑惑も解消されており、今後ユーザーが増えることは間違いないでしょう。

Tether/テザー(USDT)が購入できる取引所は?

Tetherを入手したい場合は公式サイトを利用してTether LimitedにUSDを入金する必要があります。

後は取引所を調べてみるとKrakenでUSDT/USDペアで取引が行われていたのでここでも購入することができるようです。

まあでも日本にいても用途はないに等しいので、アメリカ在住の方などは公式サイトから購入するといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク