仮想通貨のLoopring/ループリング(LRC)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のLoopring/ループリング(LRC)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Loopring(LRC)とは分散型取引所の構築を目的として作られた仮想通貨になります。

仮想通貨の分散型取引所(DEX)とはどういったものなのかをわかりやすく解説しています。

Loopringの特徴は以下の動画で解説されているので、字幕を日本語にしてご覧になってみてください。

個人的にはLoopringを調べてみても際立った特徴はないように思いました。

あくまで分散型取引所の一つと言った印象でこれからの差別化に期待ですね。

Loopring(LRC)の時価総額

LRCの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング46位で1LRCあたり103円となっていました。

分散型取引所はあくまで他の仮想通貨があって初めて成り立つものなので、まだまだビットコインなどの影響が大きい印象ですね。

Loopring(LRC)のチャートと今後の将来性は?

LRCの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Loopring(LRC)のリアルタイムチャート

公開されたのは2017年の9月ごろで、公開されてすぐに価格が低下していますね。

最も安くなったのは公開直後でだいたい1LRC当たり4円ぐらいとなっていました。

最も高値をつけていた時が210円ぐらいだったのでこの時に買っていれば50倍になっていたということですね。

チャートを見る限りではビットコインと同じように変動しており、まだまだその他大勢の仮想通貨の一つと言った域を出られていませんね。

分散型取引所に関しては将来的にかなり期待できるものではありませんが、現時点ではLoopringにはこれと言った特徴がないため今後生き残るためには差別化が必要でしょう。

2018年の4月には取引所が起動するという話でしたが少々計画が遅れているようですね。

今後取引が開始されてどのような流れになるのかは注目しておきましょう。

Loopring(LRC)が購入できる取引所は?

LRCはLoopringの分散型取引所の基軸通貨になったり、手数料を支払うために利用されるようになると予想されます。

市場を見てみるとビットコイン建てで最も取引されていたのはBinanceでしたね。

Binanceは手数料が安く取引所の中でもおすすめです。

Loopringを取引したいと思っている方は是非利用してみてください。

Binance(バイナンス)の口座開設方法をわかりやすく解説しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク