bitbank(ビットバンク)の口座開設方法をわかりやすく解説

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法をわかりやすく解説していきたいと思います。

ビットバンクは日本国内ではビットフライヤーに次ぐ規模の取引所となっており、なによりこれまでにハッキング被害の報告が一度もないほどセキュリティが優れた取引所となっています。

ビットバンクの最大の魅力は板取引で行えるリップル(XRP)の売買で、国内の取引所では最も安くリップルを購入することができるようになっています。

2018年6月30日まではすべての手数料が無料のキャンペーンを行っているのでまだ口座を開設していない方は下記を参考に是非利用してみてください。

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法

まずは下記からビットバンクのサイトにアクセスしましょう。

ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビットバンクで、一歩先の仮想通貨トレードを始めてみませんか。

するとメールアドレスを入力するところがあるのでそこに利用するアドレスを入力してください。

口座開設のボタンを押すとメールを送信したというメッセージが表示されます。

メールを見てみると以下のような文章が届いているので赤枠で囲った部分をクリックして作業を続けましょう。

クリックするとパスワードの入力を求められ、それが終わると個人情報の入力に移ります。

すべて入力し次へをクリックすると以下のような画面になります。

取引目的は何でもいいですが思い当たらない場合は仮想通貨の売買を選んでおけばいいでしょう。

必要事項を入力し確認が終わると本人確認に進むぼたんが表示されるのでそれをクリックしましょう。

本人確認には『運転免許証』『パスポート』『住民基本台帳カード』『在留カード』の4つが使えますので都合のいいものを選択してください。

画像をアップロードすると確認画面になるので問題ないようでしたら登録するをクリックして本人確認作業は終了です。

1週間から2週間ぐらいで審査完了のはがきが送られてきますので、それが確認できたら取引ができるようになります。

利用を開始する前に必ず2段階認証を設定しておくようにしてくださいね。

bitbank(ビットバンク)で2段階認証を設定する方法をわかりやすく解説しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク