仮想通貨のLina(LINA)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のLina(LINA)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Lina(LINA)とはBlockchain技術を専門とし、スイスのチューリッヒにある多国籍企業であるSmart Links Swissが所有し運営するすべてのLinaエコシステムをポータルに接続するためのプラットフォームを提供しています。

Linaエコシステムとは以下の4つの分野から構成されています。

Supply Chain

サプライチェーンマネジメントの管理者は、製品に問題が発生したときに、ソース、製造プロセスなどの情報を個人的に変更することができることが問題となっています。

LISAでは製品をエンドユーザーに輸送するための原材料を生産するプロセスはブロックチェーンに保管され、製品が保管されている各プロセスまたは倉庫の情報は、ブロックチェーンネットワーク上のノードに保存されます。

その結果、ユーザーは従来のサプライチェーンよりも迅速かつ正確に、透過的に製品の原点にアクセスできます。

Review

現在のレビュープラットフォームは、あまりにも多くの欠点、特に透明性と正確性の欠如を残しており、オンラインレビューを見ているユーザーの信頼を失っています。

Lina Reviewを使用してユーザーが透過的かつ正確に評価できるようにすることで、違いを生み出してユーザーの信頼性を高めるために、大企業はLina Reviewを使用して製品/サービスを評価します。

結果として、お客様またはお客様の製品/サービスを体験している他の誰かが、Lina Reviewの審査員になることができます。

正確な評価は他のユーザーからの投票を受けます。投票するとリナトークンが報酬として受け取られます。

あなたのレビューがコミュニティから高い評価を受ける場合、あなたはLina Reviewのエキスパートになります。

つまり、それぞれのレビューの報酬は他のユーザーよりも高く評価されます。 あなたのレビューは他のユーザーにも大きな影響を与えます。

Healthcare

ブロックチェイン技術を適用して、健康記録を安全に保管し、単一バージョンの真実を維持することができます。

医師、病院、研究所、薬剤師、健康保険会社は、患者の記録にアクセスして目的を果たし、分配元帳に取引を記録する許可を要求することができます。

医療記録は、分配された元帳に保管し、政府と共有する必要があります。

この場合、政府は規制当局としての役割を担うことになります。

E-Government

電子的なアイデンティティとは、市民の文書や個人情報をユニークなID番号やセキュリティコードで統一することで、名前、年齢、性別、住所などの市民の基本的な個人情報を自動的に提示します。

したがって、市民が当局に来ると行政手続を実行するためには、申請書を記入し、他の書類なしで身分証明書を持参するか、オンラインでそれらの仕事を実行する必要があります。

分散型ブロックチェーンの原則とアイデンティティを検証するための包括的なシステムの組み合わせにより、各オンラインユーザーがユーザーによって実行されるすべてのトランザクションに添付された電子透かしとして機能するようにデジタルIDを作成できることが示唆されています。

ブロックチェーンはアイデンティティを制御して、必要に応じてより積極的に管理および共有できるようにします。

以前はレビュープラットフォームとしてプロジェクトが進んでいたのですが、開発が進んで他の分野への応用ができるようになったようですね。

ここまでいろいろな分野に手を伸ばしているプロジェクトは他にはないので成功すればおもしろいことになりそうですね。

Lina(LINA)の時価総額

LINAの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング468位で1LINAあたり3.60円となっていました。

最近は地合いが悪いこともあり価格が下がっていますがランキングはそこまで落ちていないのであまり気にすることもないでしょう。

Lina(LINA)のチャートと今後の将来性は?

LINAの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Lina(LINA)のリアルタイムチャート

2018年の5月ごろに公開されているのですが、チャート上では3円ぐらいから始まっていますね。

公開当初はこの2倍ぐらいあったようなのでICO割れを起こしているようです。

とはいえ地合いが悪いため全ての通貨が下がり調子ですし、その中でも半分にとどめているのはいい方だと思います。

戦略的パートナーを見てみると日本の企業もいくつかあり、アドバイザーに日本人がいることが影響しているのかもしれません。

また各国の大きげな企業とも提携しているのでマーケティングにも力をいれていることがうかがえます。

ロードマップを見ると2018年中に10の取引所に上場する予定となっており、現状はまだ4つ程度しか上場していないのでこれから高騰が見込めそうですね。

Lina(LINA)が購入できる取引所は?

現時点ではIDCMという取引所で大半が取引されていました。

IDCMは中堅どころの取引所で今後はどうなるかわかりませんが、取りあえず口座を持っておいても損はないでしょう。

Linaが高騰する前に手に入れたいという方は是非作ってみてください。

IDCM, or International Digital Currency Markets, provides digital currency exchange services that includes BTC, BCH, VHKD, BTL and many more. Supported by 12 wo...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク