仮想通貨のMetal(MTL)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のMetal(MTL)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Metal(MTL)とは決済・送金のためのプラットフォームを提供している仮想通貨になります。

Metal Payという専用のアプリケーションの開発を行っており、Metalトークンに加えて法定通貨のやり取りもできるようになっているようです。

Metalの最大の特徴は送金手数料が発生せず、逆に送金するごとに5%のキャッシュバックがあるという点です。

クレジットカードなどでも利用すればポイントが付与されることがありますよね?

感覚的にはそれと同じで、これは仮想通貨が日常に普及するにはインセンティブが必要だという考えによるものだそうです。

確かに送金すればするほどMetalが稼げるというのはユーザーにとってはありがたいですよね。

公式サイトには友達に送金しただけで報酬が得られるとなっていますが、これだと無限に稼げるようになってしまうため何らかの制限は当然付いているでしょう。

非常に手軽に使えるとなっており、公式サイトではすでにリリースされているとなっていましたが、利用するには公式サイトに登録する必要があるようです。

GooglePlayなどでダウンロードできないところを見ると何かしらの問題があると見るべきでしょう。

興味のある方は公式サイトからダウンロードしてみてください。

Metal Pay has completely rethought the payment experience by making it simple, fun, free, and for the first time ever, rewarding.

Metal(MTL)の時価総額

MTLの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング211位で1MTLあたり93.96円となっていました。

半年ぐらい前は140位付近にいたのですがだいぶ下がってしまいましたね。

Metal(MTL)のチャートと今後の将来性は?

MTLの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Metal(MTL)のリアルタイムチャート

ICO時の価格はわからなかったのですがかなり注目を集めたようで、アプリがリリースされた2017年の9月には1500円を超えていました。

その後2018年の仮想通貨全体の時にも高騰を見せましたが現在ではかなり低迷していますね。

SNSを見てもフォロワー数はかなり多い方なので今後復活する可能性は大いにあると思います。

ツイッターにはこの夏についにやってくる!みたいなツイートがあったのでおそらくアプリのリリースではないかともいます。

AndroidやiPhoneで気軽に利用できるアプリができれば普及しそうな感じですけどね。

今仕込むべきかどうか悩みどころではあります。

Metal(MTL)が購入できる取引所は?

現時点では9割以上がBinanceで取引されています。

Binanceは日本人にも使えて手数料が安く絶対に押さえておきたい取引所です。

まだ口座を作っていない方はこの機会にぜひ作ってみてください。

Binance(バイナンス)の口座開設方法をわかりやすく解説しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク