仮想通貨のWaltonchain(WTC)とは?チャートから見る今後の将来性は?

仮想通貨のWaltonchain(WTC)とはどういうものなのか特徴をわかりやすく解説していきたいと思います。

Waltonchain(WTC)とはブロックチェーンとIot技術を組み合わせてあらゆる製品の流れを管理することを目的に作られた仮想通貨になります。

WaltonchainのWalton(ウォルトン)はRFID技術を発明したCharlie Walton(チャーリー・ウォルトン)氏から由来しています。

RFID技術というのは「Radio Frequency Identification」の略で、無線通信を利用して専用のRFタグから情報を読み書きし自動で認証を行うシステムのことです。

身近な例で言うとSuicaなどのプリペイドカードなどに利用されています。

Waltonchainでは主に物流にこの技術を用いることで情報をブロックチェーン上で管理しコストの削減や透明性の確保などを目的としています。

同じようなコンセプトの仮想通貨にIOTAやVechian(VET)などがありますね。

仮想通貨のIOTA(アイオタ)とはどういうものなのか特徴をわかりやすくまとめています。
仮想通貨のVeChain(VEN)とはどういうものなのか特徴をわかりやすくまとめています。

特にVechainとはかなり似通った仮想通貨となっているので競合する可能性はかなり高いですね。

Waltonchain(WTC)の時価総額

WTCの時価総額ランキングは以下の通りです。

この記事を書いているときは時価総額ランキング52位で1WTCあたり1365円となっていました。

IoTの分野は今後の成長が期待できる分野であるためWaltonchainにも期待が集まっているようです。

ただし先にあげたコンセプトの似た2つの仮想通貨に比べると順位は低くなっていますね。

Waltonchain(WTC)のチャートと今後の将来性は?

WTCの全期間の価格チャートは以下のようになっていました。


参考:Waltonchain(WTC)のリアルタイムチャート

Waltonchainは中国発の仮想通貨であるため中国の影響を大きく受ける可能性は多分にあります。

それは良くも悪くもなのですが、現時点では将来的にも期待できる技術であるため高い水準を維持していると思います。

最近は仮想通貨全体の価格変動によってWaltonchainも同じように変動していますが、最高値をつけた時は今の価格の2倍以上になっていので今後そのように高騰する可能性は十分あると思います。

他の2つに比べて提携企業が中国ばかりなのが気になりますが、中国は独自の経済圏を形成しているため中国で発展を遂げていく可能性も高いと思います。

プロジェクトも順調に進行しており専用のウォレットもリリースされています。

Building a New Business Ecosystem Integrating Blockchain with the IoT

今後の予定はこんな感じです。

  • 2018年9月:アパレル業界向けに「Waltonエコシステム」完成予定
  • 2018年11月:Waltonチェーン上でスマートコントラスト展開予定

Waltonchainを保有しているならこれらのイベント時の価格変動にしっかり気をつけておきましょう。

Waltonchain(WTC)が購入できる取引所は?

Waltonchain(WTC)は6割ぐらいがBinanceで取引されていました。

まあ中国発の仮想通貨であるため妥当と言えば妥当ですね。

Binanceは手数料も安く非常に使いやすい取引所であるためWaltonchainを購入したい方はこの機会に是非利用してみてください。

Binance(バイナンス)の口座開設方法をわかりやすく解説しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク