Plus Toekn(プラストークン)を複利で運用する方法

Plus Toekn(プラストークン)を複利で運用する方法をわかりやすく解説していきたいと思います。

複利運用とは投資を行って得られた配当(利子)を次の投資資金に充てることで、原資で運用するよりもはるかに速いペースで利益をあげることができます。

実際に単利と複利で運用した差は以下のページに記載されているので参考にしてください。

Plus Toekn(プラストークン)を単利と複利で運用した場合の差をわかりやすく解説しています。

Plus Toekn(プラストークン)ではAIが自動でアービトラージを行い利益をPLUSというトークンで受け取ることができるようになっています。

公開当初は1PLUS=0.5USDだったそうですが、2018年10月25日時点では1PLUS=16USDまで上昇しています。

ただし今の段階ではPLUSトークンはETHにしか変換することができません。

そのため複利運用したい場合はETHを入金してアービトラージを行う必要があるため必ず覚えておきましょう。

複利で運用する方法

運用を始めると毎日PLUSトークンで配当が得られるのでまずはそれをタップしてみましょう。

すると下の方にExchange(日本語なら両替)というタブが出てくるのでそこをタップします。

すると上記のようにPLUSとETHが表示されて入力欄が出てくるので、持っているPLUSトークンの値を入力しましょう。

4桁のパスワードとはアカウントを作った際に決めた取引パスワードになります。

確認ボタンを押してETHに変換できたら後は運用を始めた際と同じ要領でAI-DOGにETHを入金しましょう。

これを毎日欠かさず行うことで短い期間で資産を構築できるようになります。

Plus Toekn(プラストークン)ウォレットを登録する方法をわかりやすくマニュアル付きで解説しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 河口 より:

    プラストークンはなぜアプリの審査を通過できないのですか?

    • Hikaru より:

      質問ありがとうございます。

      プラストークンウォレットが審査を通過できない理由は間違いなく自動アービトラージ「AI-DOG」の機能が付いているからでしょうね。

      一時的にとはいえユーザーは運営側の用意した口座に資金を移す必要があり、どのような仕組みになっているのかはわかりませんが運営側が資金を横抜きで来てしまう可能性があります。

      現状そのような問題は起こっていませんが、ストア側からしたらリスク以外のなにものでもなく、もし万が一横抜きが発生した場合に責任が取れないため審査を通さないのだと思います。

      そのため今後も審査に通過することはないでしょう。

      ただ私はプラストークンの信者でもなんでもありませんが、個人的には横抜きの可能性は低いと思っています。

      理由は簡単で犯行がすぐにばれてしまうためどう頑張っても逃げきれないからです。

      とはいえあくまで個人的な意見なので参考程度に聞いてくださいね。